多くのオペレーションは、世界各地の何十億という産業用デバイスが直接通信できるようにすることで改善されます。人間の介入なしに自動で行われる、またはモノのインターネット(IoT)ネットワークの一部として実行される、このマシンツーマシン(M2M)通信は、エシェロンの得意分野です。

チャレンジ

複雑な製品の製造工程を同期する場合でも、入院患者やレンタカーの履歴を追跡する場合でも、噴水や花火の精巧なディスプレイを調整する場合でも、特定のデバイスと通信し、デバイスのアクションを直接制御できることが重要です。この通信および制御は、時にはリアルタイムで、迅速に発生する必要があるほか、安全性とセキュリティに関する適切な保護手段を備え、信頼できる動作が欠かせません。

有線ネットワーク通信を必要とするM2Mもあれば、ワイヤレス通信しか考えられないという場合もあります。M2Mソリューションの背景にある技術は、堅牢で正確、かつ柔軟でなければなりません。

エシェロンのソリューション

エシェロン社の技術基盤は、M2Mソリューションの本質である、産業用アプリケーション向けネットワークの制御にあります。産業用制御ネットワーキングが、産業用モノのインターネット(IIoT)に進化している今、エシェロン社は、既存および新規デバイス間のますます洗練されていく通信と制御の最前線にいます。

Echelon’s open, multiprotocol, multi-application, industrial-grade solutions for M2M markets include integrated circuits (ICs), modules, network interfaces and gateways, routers, software, and development and integration tools.

結果

従来からのM2Mとより高度な産業用モノのインターネット(IIoT)アプリケーションの両方で、エシェロン社の技術は、以下のことを実現するよう、企業を支援しています:

  • 単一の拡張可能なアーキテクチャに複数ベンダーのデバイスを統合する
  • 運用効率を高める
  • 問題を迅速に検出し、積極的に修正する
  • 開発、展開、および保守のコストを削減する
  • 効率、性能、または他の結果を高めるために分析できるよう、多様な地理的エリアにわたって大量のデータを収集する
  • ジャストインタイムシステムを実装する
  • 産業グレードの信頼性を達成する

"A machine in a production line, for instance, could send a message automatically to a particular forklift, instructing the driver to bring a specific quantity of a particular raw material to the machine for just-in-time replenishment.装置間で直接行われるこの種の通信を使用すると、運用プロセスをスピードアップし、効率を高め、コストを低減できます。

現実世界での例

The Wireless Asset Net wireless asset tracking management product from New Jersey-based I.D. Systems uses Echelon technology to provide reliable, two-way wireless communications among network-connected devices—including entire rental car fleets and the devices on manufacturing lines.

Maryland-based Minibar Systems provides asset tracking for a very specific market: hotel minibars.エシェロン社のM2M技術は、ホテルのオーナーが労働力を大幅にカットしながら、より効率的にミニバーを監視および補充し、ホテルのゲストに、より安定した応答性の良いシステムを提供するため、自動化されたソリューションを提供しています。

病院の患者履歴管理システムは、「資産」が新生児や認知症の患者となる施設での、資産管理に特化したアプローチを表しています。エシェロン社のM2M技術は、信頼性の高い、産業用レベルの強度を備えたHIPAA準拠の通信を提供しています。それぞれの赤ちゃんが正しい母親と家に戻ることや、認知症または他の神経認知障害の患者が施設から行方不明になることを防止するために活躍しています。

米国の大手食料品チェーンは、すべての食料品の店舗間で、ガス、電気、水、冷暖房の利用率を分刻みで監視するためにエシェロン社の技術を採用しています。各店長は、店舗のエネルギー使用量をよりよく管理できます。食料品チェーン店の幹部は、一部またはすべての店舗に渡ってデータを分析し、コスト削減に直接つなげることができます。

さらに、米国では、主要な給油ポンプの企業が、効率、安全、かつセキュリティを高めるため、エシェロン社のM2M制御ネットワーク技術を使用して、給油を監視および制御しています。システムは、金融(PINエントリ、クレジットカード情報)、安全(デバイスロックの耐不正解除、内蔵アラーム)、パフォーマンス(フロー制御、計量精度)システムを含む、多くのスマート技術を統合します。また、ガソリンスタンドの所有者は、各スタンドの管理を向上するために、ウェブインターフェイスからシステム全体に接続できます。

米海軍は、構築に4年を擁した、長さ600フィート、14,500トンに及ぶDDG 1000海軍の駆逐艦にエシェロン社の技術を取り入れました。その他の最先端技術と連携して動作するエシェロンのM2M通信および制御技術は、以下のような場所で船の消火と自律損傷制御システムで使用されています。複雑で、生命を脅かす可能性の事象に、瞬時かつ正確な応答が不可欠であるエリア。

大学で生まれた高度海洋システム「自律型無人潜水艇(AUV)」は、大学生や研究者の指示で、浅い海底を探索するように設計された、命綱なしの遠隔操作AUVです。このシステムには、エシェロン社の技術が採用されており、距離制御と自律動作を担っています。エシェロン社の分散型制御ネットワークは、AUVのセンサーと連動した各コンポーネントと接続され、沿岸水域をナビゲートしながら、潜水艇の機能についてライブデータを収集します。

カリフォルニア州バークレーに位置するMeyer Soundは、コンサートで使用される、自己給電スピーカーシステムにエシェロン社の技術を採用。サウンドシステムを簡単に監視し、最適なパフォーマンスを得られるよう調整できます。サウンドシステムのスピーカー間の通信は、高度な自己診断と自己メンテナンスを可能にします。

火と水は混ざらないと言われていますが、エシェロン社の技術は、2つの極端な要素を活用する、2つの複雑なエンターテインメントシステムの心臓部に据えられています。ラスベガスでも人気の高いベラージオの噴水ショー。1,175個のジェットヘッドと6,200個の照明器具が、2,700万ガロンの水の上で、最高で80フィートの空中にまで上がる、複雑かつ慎重に同期された噴水ショーを繰り広げます。エシェロン社のチップにより、毎日各コンポーネントが完璧なパフォーマンスが生み出されています。

同様に、英国のSonning Fireworksは、同社のLONFireポータブル花火発射システムにエシェロン社の制御ネットワーク技術を搭載。安全で問題のないショーを毎回実施するために必要となる、強固で自動化された柔軟なシステムを提供します。通常音楽と同期される複雑な花火ショーには、ライト、ビデオ、レーザー、炎も組み込まれ、観客を魅了します。また、Sonningは、オープンスタンダードベースのエシェロン社の技術を使用し、独自のシステムの約半分のコストで自社の製品を開発できるため、事実上無限の能力で拡張できます。