スマートトレインは、時間通りに運行されるだけではありません。産業用モノのインターネット(IIoT)用のエシェロン社IzoTプラットフォームを搭載した高度な列車は、完璧とも言える高い信頼性と、瞬時に反応する通信を使用して、応答性の高いブレーキ、予期せぬ状況への迅速な反応を可能にし、最適なスケジュールと車両の構成を実現します。

チャレンジ

乗客は速く、安全で、時間通りに運行される列車を望んでいます。鉄道事業者は、コストを削減しながら、列車の効率を高めたいと考えています。政府機関は、より高い安全性とセキュリティを求めています。これらの欲求をすべて満たすには、高度な技術が必要になります。列車が最高速度を求め、ますます自動化が進む中、列車と線路間、異なる列車間、同じ列車の車両間で、信頼できる高速通信が注目されています。これが「スマート」トレインなのです。

高速旅客列車は、多くの場合、低速用のレール上を走行しています。これは、技術システムが、横方向加速度を補正する必要があることを意味します(ターン時でも乗客が車内を歩くことができるよう、車両を傾けるなど)。また、ブレーキ、ドア、HVAC、速度検出、速度制限などの重要なシステムを常時監視し、管理することが必須です。列車が非常に長い場合、列車の離れた部分で問題が発生した場合、瞬時に応答する必要があります。これは、機関士が各車両で何が起こっているかに気づくことは不可能であるためです。

エシェロンのソリューション

エシェロン社は、スマートトレインに様々なシステムを提供するメーカーに、高い評価を誇る制御ネットワーキングの実績に基づいた産業用モノのインターネット(IIoT)技術を提供しています。エシェロン社の列車輸送ソリューションは、産業用モノのインターネット(IIoT)向けのIzoT™プラットフォーム上に構築されています。

IzoTプラットフォームは、IIoT用にIP対応のデバイスの開発を可能にする、チップ、スタック、インターフェイス、および管理ソフトウェアのIP対応製品ファミリーです。実績あるLonWorksの次世代標準として、IzoTプラットフォームは、以下のような4つIIoT要件を完璧に克服することで、消費者グレードのアプローチと一線を画しています。自律制御、産業用レベルの信頼性、旧来デバイスとの共存と進化、そして強化されたセキュリティ。

結果

IzoTプラットフォームを基にしたエシェロン社のソリューションは、列車の設計者や事業者を以下の面から支援します:

  • 高速で安全かつ最適な操作を確保
  • 非常に長い貨物列車のブレーキプロセスを自動化
  • 予防と迅速なメンテナンスを通じて、列車の稼働時間を最大化(メンテナンスの問題に瞬時にアクセスし、列車の次の停車駅でスペアパーツを準備するなど)
  • ライトレールトレイン用の動的なスケジューリングを実現
  • 鉄道事業者と乗客間の通信を強化
  • 強化された通信技術、センサー、安全装置でコスト効率の高い鉄道車両改造を達成
  • 複数ベンダーのデバイスを容易に統合

「[エシェロン社の技術]の最も興味深い点は、ベンダーによって提供される異なる機器を容易に統合できることです。システムが送信または受信するパラメータを定義するだけで、望みどおりの変数をバインドできます」

現実世界での例

CanadianmanufacturingコンソーシアムBombardier/ ALSTHOMが、Amtrak向けに画期的な高速旅客列車「Acela」を設計した際、エシェロン社の技術は、異なるメーカーからの複数の通信、監視、および安全システムを統合するためのプラットフォームを提供しました。Acela列車が、ボストンとワシントンD.C.間で6時間未満となる運行を開始したとき、エシェロンベースのネットワークは、Acelaの指令センターで利用されました。この指令センターでは、鉄道事業者が列車とその動作、メンテナンスの必要性を監視および制御し、パフォーマンスと安全性の両方を最適化するようスケジュールを組みます。

中国のSCR Sifang Co.は、高速鉄道の技術で、既存の鉄道車両を改造するため、エシェロン社の技術を利用しました。鉄道車両にエシェロン制御ネットワーク技術に基づいたセンサーと自律的で信頼性の高い通信システムを搭載。最大250キロ/時の速度で安全に輸送できるようになりました。

現実世界での例

革新的で統合された近代的な鉄道向けの技術ソリューションのメーカーであるNew York Airbrakeは、エシェロンベースの技術を使用し、簡単で信頼性が高く、コスト効率の高い車内通信システムを作り上げました。これらの通信システムは、列車が非常に長い場合でも、100台以上の車両がどのように構成されているかに関わらず、貨物列車を迅速に停止できます。

毎日、シリコンバレーで生活し、働く200万人を超える人々にライトレールトレインサービスを提供するSanta Clara County Valley Transit Authority(VTA)は、エシェロンベースの通信技術を使用して、鉄道通勤のニーズに動的に対応するのに必要な列車編成の柔軟性とモジュラー化を可能にしています。